アラカルト

満月&新月を活用して「お金」にコミット☆


11月は、3日に満月と17日に新月があります。
それらは、蠍座と牡牛座が関わる話です。
で、
蠍座×牡牛座☆満月といえば・・・?
これは「お金チック」な話でもありますね!
というわけでちょっとプラスアルファなお話です♪

西洋占星術では、
牡牛座は日常の「糧」であるお金を管轄するサインですが
真反対に位置する蠍座は
「見えないお金」を管轄しています。
例えばそれは不労所得でもあり、大きなお金でもあり、
自分でなくて配偶者のお金…でもあります。

ですからこの満月は
金銭に対して
もしくは財産や財運において
自分で大いに活用できる
☆のタイミングでもあるのです!

そもそも満月は「満ちる」事ですから、お金に繋がりやすい要素です。
これは古くは、
農作業における豊穣への一つのツールであったわけです。

そしてまた、
11月後半に起こる新月も
「財政」においては同様に活用できるタイミングです。
蠍座で
太陽と月が重なるわけですからね…!
心機一転、リセットして始めるのに大いにいい感じなわけです。

これらは
目先の「儲ける」話のレベルだけでなくて、
人生の一大レベルアップの手段として
お金を拡大していく決意(意図)に活用できるでしょう。

これはぜひとも
視野を広く取って活用したいですね。

さて、この満月や新月を
具体的にどのように活用するかは
自由に考えていいのです。

例えば、決意表明をガツンとするのもいいですし
その日から貯蓄を始めるというのもいいでしょうね。
もしくは、お財布を新しくしてもいいと思いますよ。

いずれにしても
満月や新月は
鐘が鳴って教えてくれる「1つの合図」のようなものなのです。

なんの合図かというと、
宇宙の時に合わせた
目印だとかチェックポイントとも言える「タイミング」を教えてくれる
合図なわけですね。

お金は汚いもの…なんて思っていませんか??
そんなところにはお金はやって来ないと思いませんか?
お金は自己責任で活用できる豊かさへのツールです。
シンプルに手段です。
良いも悪いも綺麗も汚いもないものです。

宇宙のベストタイミングを使って
お金との「おつきあい」を始めて下さいね…!!

ミシェルメイ美菜子☆

おすすめ