アラカルト

結婚への執着はダメダメ!☆


今日は受け入れ作業と執着の話であります。

 

例えば「結婚したい!」とか
「赤ちゃんが欲しい!」と
切実に思ったことはありますか?

 

「成功したい!」
「試験に受かりたい!」
「彼氏が欲しい!」等々。

 

そうした願いに対して執着をすると
確実に願いの実現は遠ざかってしまいます。

 

願いに執着はご法度と以前も書いたことがありますが
願うことがあるなら執着は敵なのです。

自分の願いに対して執着してるかどうかは、
望む答えに、他に選択肢があるかないかでわかります。

 

「結婚したい!結婚しないと幸せになれない」
「子供が出来ないとちゃんと幸せな家庭にならない」
「どうしても試験に受かりたい!でないともう終わりだー」

などという場合は、他に選択肢がない状態であり
執着している状態です。

 

ではでは
願いを叶える為にはどうすれば良いのでしょうか?

 

それにはまず
執着しないことを目指さないといけません。

 

どうやって?

 

それは、
執着している自分を認めることです。

 

【現状のまんまの自分を認める】

それは受け入れ作業そのものです。
これが一番大事であり要です。

 

色々な願いを叶えている人は、
特に意識もせずに自然とそれをやっているはずです。
もちろん
意識してやっている場合もあると思います。

 

どんな風に執着してしまっているのかを知ること、
それが要であり、鍵になります。

 

そして、よく、
「そんな自分を知ったらどうすればいいのですか?」
と聞かれることがありますが、
そこが落し穴です。

 

知ることの次には
ちゃんと知ること、つまり受け入れ作業が必要なだけで
そこから先にいくこととは違うのです。

 

知ったらもっとちゃんと受け入れてあげないとね。

 

それが肝心なのです。

 

受け入れ作業や幸せの話。
実践でたどってみたい方は
拙著「なぜあなたはまだ幸せではないのか?」を覗いてみて下さいね。

ミシェルメイ美菜子☆

★ミシェル・メイ・美菜子著 “幸せになるための極意本”
「なぜあなたはまだ幸せではないのか?
~あなたの幸せな未来をつくるミシェル式生き方レシピ~」はこちら

*毎月の運勢や役立つコラムをお届け!メルマガ登録はこちら
*鑑定の詳細はこちら
*お問合せはこちら

おすすめ