アラカルト

男と女は鏡☆


今日も男と女の話。②

ここに、普段から少し彼に疑問を抱いているあなたがいるとします。

彼は自分のことを、いったいどれだけ真剣に考えているのか?
結婚しようって考えてくれているの?
みたいな思いがいつもなんとなくある…という背景において

ちょっとした彼の言葉やしぐさに、あなたは小さな失望を感じたりします。
それは日常的に起こるでしょう。

例えば

「私たち、一緒になるのかな?」なんて、
勇気を振り絞って!!、
さりげなく聞いてみたというのに
「え?結婚はまだ考えられないなぁ…。仕事の見通しもあるし。。モゴモゴ」
なーんて返答がかえってこようものなら、
もう~~~
帰り道はずっとうつむいて歩いちゃうわけです。

 

↑と同じセリフではなくても、似たようなシチュエーションで
ご相談にみえる方もいらっしゃいますが、
そんな時
「私は真剣に考えて欲しいのだけど彼はそうでもないみたいで、このまま続けるのはちょっとどうしようかと…」
みたいにおっしゃいます。

ですので
「彼はあなたに対していつも冷たいですか?」と確認すると
「いえ、そんなことはないです」と大抵はそんなお答え。
また
「ではすぐに結婚したいのかな?」と確認すると
「いえ、すぐってのはそれも自分の仕事を考えると無理なんですけど」のようなお答え。
「では結婚の約束がしたいということでしょうか?」とまたまた確認すると
「そう!そうなんです!」

 

…のような流れは実際のところわりと多いのです。

 

つまり、
「彼と結婚したいけど今はまだしたくないからもう少ししたら必ず結婚するという確約が欲しい」
と、意味あいとしてはそういうことになります。

 

しかし彼女は
「彼の気持ちには真剣さが感じられないから、この先を思うと心配」
という心境で、
彼はどう思っているのか?…に、非常に捕らわれることになります。
けれども、途中で確認すると本人もサラリと答えるように
すぐに結婚したいか?の問いへの答えはNOだったりするわけです。

 

ちなみに
チャートではそんな心理が
あっさりちゃんと出ているものです。

 

しかし大変なのはこれから。

 

つまり、自分の心理状態は
必ずしも自分がウェルカムで受け入れたいものでもないからです。

チャートには
一緒にいたい~けど、結婚はね~別なの。そこはまだちょっと。。。
…のような微妙な心理も出てきます。

 

この、「そのままの自分」を知ること、
そして知ったらちゃんと受け入れてあげることが大切です。

 

ところで
そんな自分の微妙な心理は、
実は目の前の、
彼が見せてくれたりします。

そう、「躊躇」という状態で。

ケースバイケースの細部はバラエティーに富んでいますから
それは個々にどうしても
解説が必要になりますけどね。

 

ミシェルメイ美菜子☆

おすすめ