アラカルト

新年と新月と満月と


元旦の新月で始まった2014年、
1月も半ばになってきて、
16日には満月ですね。
また1月は月末の31日も新月です。
今度は水瓶座の新月。

そして節分となるわけですね。

それまでの間、金星は山羊座で逆行しています。

思えば
2008年か2009年から始まった大改革の中、
2011年の大きな山を越えて、私達は過ごしてきました。
そして2011年の山とちょっと似てる質の山が
2014年にあります。

ですから2014年は、
5~6年前から熱意を向けてきた事への、
最終章という感じも。
(但し本当に最終章はもう少し先です。今の章だけの最終という意味です。)

そんな2014年。
新月で始まり新月で終わる1月。
この1月は何かを凝縮したようなタイミングとなるはずです。

流れとして見れば
愛情関係や人間関係における
「やり残したもの」を
金星の逆行と共に仕上げていく事となるようです。

2008年から2020年という
冥王星がナビするスパンの
一番の山場かもしれませんね。

変化につぐ変化。

大きな変容。

何がしかの方法で
私達は皆これをやっているはずです。

エッセンスは自立です。

だからこそ
自立そのままの純粋な意味合いを含む水瓶座&獅子座は
今年から来年のキーになるでしょう。

ちなみに
こうした時代には
何事もなく穏やかに
平穏無事に過ごしたいと思ってばかりいると
ちょっと辛い感じです。

変化を恐れないチャレンジャーな部分で
生きていきたいものですね。

できる心がけは
せいぜいそれくらいなのかもしれません。

ミシェルメイ美菜子☆

おすすめ