アラカルト

心とお部屋の片づけ☆


世界は鏡、自分の何がしかを写している鏡

 

ということは鑑定でもよく話しているのですが
自分の状況がわかりやすい「自分のお家」についての話です。
オンラインサロンにあげたものを少しリライトしました。

 

自分の部屋は自分の心的状態をそのまま反映しています。

なので、部屋を見回してみて、
「かなり散らかってるー」のであれば、
心の中もとっ散らかってる可能性大でしょう。

 

これは自室だけの話でなく「お家」の状態も然り。
例えば、家族がいれば、自室とお家は別物のように捉えるかもしれませんよね。
しかし、さにあらず。
他の住人がいてもあなたが住むその「お家」はあなたの心的状態そのものなのです。

 

なので
自室はそこそこ綺麗、あとは家人が散らかしてるので管轄外…と思いそうですが、そうではなくて「家人が散らかしている」部分も自分の一部
ということなのです。

 

それを解釈するなら、
自分のごく身近なことはそこそこ整理されて納得しているけど、それ以外は手つかず…という感じでしょうか。→心の状態の話です。

 

さて

断捨離とかコンマリさんとか、
部屋や物の片づけはもうずっとトレンドの一部のようでもありますが、
片づけすると確かに気分もスッキリしますよね。

で、心の状態はどうなのか?というと、
それらは連動していて、なおかつ、どっちが先でも良いのです。
つまり、実際に片づけの行動をするか、自分と向き合って心を受け止め整理するか…でも、どちらが先でも良いのであります。
厳密に言うと、双方は連動しているので(鏡なので)、どちらを入り口にしても良いのです。

 

とはいえしかし、
片づけしよ〜っと!と、とてもとても思いながら何年も過ぎてしまう時は、
それは「時間がなくて」「忙しくて」「家族の協力がなくて」出来ないのではなくて
心も固まっているはずなのです。

 

ですから心を見てあげることを(自分のことをちゃんと考えてあげることを)
まずするのが良いでしょうね。

 

そ れ と

 

キレイキレイに整理されていて不要なものはなく、引き出しの中でさえも隅々まで美しく整理されているのが一番良いのか?というと、
それもちょっと違うのです。

 

そもそもそんなお家ほとんど見たことないですよね?
どんなにキレイになっていても、見えないところに閉まってあるからスッキリしてることってたいていあったりします。

 

それは人として自然なことなのです。

 

全てを把握して不要なものを一掃している状態というのは、一種の完璧主義で、いわばまるでロボットなのです。

 

まぁ、3部屋のうち1部屋まるごとカオスのようにしわ寄せ部屋になっているのもナンですが、
クローゼットの中の一部や戸棚の中など、ごちゃごちゃ部分が多少はあるくらいがちょうど良いのではないでしょうか。

 

ミシェルメイ美菜子☆

 

星を学んでみたい人はオンラインサロンがお勧めです!
オンラインサロンは会員制の有料サロンです(月額3900円)。
お申し込みは

~ミシェル式心理占星術サロン~


↑こちらページの下にある購読ボタンから!

おすすめ