夢解釈

こんな夢みた!【14】過去の部屋にいる夢☆


夢をいただきました!いつものように解釈していきます。

-------

私はいつのまにか、離婚したかつての実家におり、全て日本家屋のそこの一部屋でひとり過ごしているのだが、
何の声掛けもなくノックも無く引き戸が開いて、もう無関係の元夫が厚かましくも入ってこようとする。
私は、(まだそんな態度で私に向かって来るのかと)驚き呆れて、
『入って来ないでよ!』と大声をだして目が覚めました。

-------

さて解釈です。

 

かつて住んでいた家やかつての配偶者が夢に出てくることはけっこうあるものです。
こういう時、「まだくすぶってるのかしら?」と思うかもしれませんが、それは少し短絡的かもしれません。

夢は客観的に「そのまま」を描写しているからです。

 

離婚したかつての実家はこの場合、「過去」をシンボルすると同時に、自分がいる部屋は「現在の自分自身」も表しているはずです。
部屋は自分の心象風景なのです。

 

部屋についての説明や印象は特に明記がありませんでしたが、
ガランとした印象であれば心もなんとなく「ガランとしている」のであり、
物でごちゃごちゃしていれば心も「ごちゃごちゃ」ということになるでしょう。
あえて言えば、夢では「すべて日本家屋のその家」なわけですから、
きちんとしてる・保守的・質素・古風
という感じではないでしょうか。それが「自分の心」つまり現在の自分自身なわけです。

 

またストーリーとしては
ノックもなく元夫が入ってきて「入って来ないでよ!」と返しているだけのものですが、それはつまり、
不意に過去の夫婦のことが思い出されて、そこに拒否反応を示している…ということになりますね。

ですからここには伏線として
男性性に対する拒否反応も含んでいるはずです。

男性性とは、社会的な活動や積極的な態度など、左脳的な活動全般です。
簡単に言うと、仕事をバリバリやるのは男性性で、
愛情など何かを育み情緒的に生きる部分が女性性です。

 

夢をみたMさんは
バリバリ仕事をして1人で力強く生きていくことには、
少し抵抗があるのかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか?

さて、皆さんの夢をいつでも受け付けておりますので送って下さいね!
どんな夢でもOKですよ。
個人が特定されないように留意しますが、こちらに掲載して夢解釈をしたいと思います。

お問い合わせフォームに、「夢解釈を希望」と明記の上、お送り下さい。

お待ちしておりますね!

ミシェルメイ美菜子☆

幸せになるための極意本”
「なぜあなたはまだ幸せではないのか?
~あなたの幸せな未来をつくるミシェル式生き方レシピ~」はこちら

*毎月の運勢や役立つコラムをお届け!メルマガ登録はこちら
*鑑定の詳細はこちら

おすすめ